りんごの街の救急医

青森県弘前市の救急科専門医による日々の学習のまとめブログです!間違いなどありましたら是非ご指摘下さい。

関節リウマチの合併症 まとめ

 

関節リウマチに合併する疾患多すぎます!

 

症状別にまとめておくことにしました!

 

 
・RAに以下の症状が出た場合にはヤバい!
 +頸部痛、めまい、脊髄症状→環軸椎亜脱臼
 +嗄声、stridor、咽頭異物感→輪状披裂関節炎、気管軟化症
 +胸痛→心筋梗塞(RA死因で最多!)、心不全(心筋症やMRによる)
 +乾性咳嗽、労作時呼吸困難→間質性肺炎
 +胸膜痛→胸膜炎
 +喀血→肺胞出血
 +肺炎症状→Tb、カンジダ、レジオネラ、Pneumocystis jiroveciも考慮
 +背部痛、膀胱直腸障害、対麻痺横断性脊髄炎
 +血尿、蛋白尿→腎不全(Cre異常なくとも)
 +吐血、黒色便→消化管出血
 +腎不全/心不全肺塞栓症、脳血管障害→抗リン脂質抗体症候群血栓傾向)
 +好中球減少/白血球減少、細菌感染、脾腫→Felty症候(後期)
 +好中球減少/白血球減少、細菌感染、脾腫→T-cell large granular lymphocyte leukemia(初期)
 +網状皮斑→抗リン脂質抗体症候群、血管炎
 +嘔気/嘔吐、低血圧、低血糖、低Na/高K血症→副腎不全
 +red eye(その他に眼症状なし)→上強膜炎
 +視力障害→眼部帯状疱疹
 +目が乾く、口が乾く→二次性シェーグレン症候群
 +関節痛(RA症状の増悪?)→化膿性関節炎
 
関節リウマチ患者が受診した場合には上記を探しましょう( 一一)
 
 
 
関節リウマチの合併症について詳しい説明を以下でしています。
 
気道、心血管、肺についての合併症

関節リウマチの合併症① - りんごの街の救急医

神経、腎、消化管、血液、皮膚、内分泌、眼、筋骨格系の合併症

関節リウマチの合併症② - りんごの街の救急医

関節リウマチの合併症①

関節リウマチ患者、当院では増えてきています。

そもそもの有病者数がそれなりに多いのと、当院にはリウマチ専門医もいるからでしょう。

 

治療については実際に携わることはありませんが、関節リウマチ治療中の患者が急性疾患を合併してERを受診することはよくあります!

 

今回は「リウマチ患者の合併症」をレビューしておきたいと思います!

f:id:AppleQQ:20190418075300p:plain

( J Emerg Med. 2018 Nov;55(5):647-658. )

 

続きを読む

Clostridioides (Clostridium) difficile 腸炎

抗菌薬を無駄に出されている高齢者は、この弘前地域でもとても多い印象です。

抗菌薬による弊害として困るものの一つとしてCD腸炎があります。

 

救急分野では死ぬ病気として有名です。

えっ、そんなことになっちゃうの⁉と思った人は読んでみてください!

自験例では2人ほど急性期に亡くなられた人を見たことがあります。急激に悪化します。

f:id:AppleQQ:20190407131415p:plain

IDSAからガイドラインを中心にみていきましょう。これまで積読にしていました…。

個人的にはNEJM2015にreviewとして出ていたものからそれほどupdateできていませんでした。ガイドラインでは分類が簡略化されていて以前よりわかりやくす感じました。 

あとどうでもいいですが、ちょっと名前が変わったらしいです。浸透しなそう。

続きを読む

繰り返す溶連菌による咽頭炎

先日、以下のような若い女性が当科を来院されました。

「ひと月のうちに溶連菌(GAS)に2回感染して治療しました。今日も同じ症状なんですけど、溶連菌検査してもらえませんか?たぶん溶連菌です。」

患者の求めに応じて溶連菌迅速検査を実施すると、予想通り陽性!

 

溶連菌感染ってこんなに繰り返すの⁉

 

結局、あまり重症感もないので少し対症療法で経過を見ましょうということにしました。でもそんなに繰り返すのはなんだかおかしい…。

 

この方に抗菌薬を投与すべきかすごく悩んだのでuptodateで調べてみました。

 

続きを読む

けいれん

 

けいれんについてERの現場で考えておくべきことをまとめてみます!

 

今回はこちらの論文です!

f:id:AppleQQ:20190328073858p:plain

( Semin Neurol. 2019 Feb;39(1):73-81.)

 

ERの教科書的なことがまとまっていてわかりやすかったです。

いちばんびっくりしたことは、「痙攣重積発作における13kg以下の小児に対するbenzodiazepineの至適投与量については明確なデータがない」ということでした。。。

けいれんを止める際の薬剤投与について重要な約束事は、「十分量を単回投与すべし(少量に分割して複数回投与は推奨されていない)」であることから比較的多めな量を選択するようにはしていましたが、みなさんの使い方はいかがでしょう?

また、抗けいれん薬の副作用については感染症を疑う際の無顆粒球症以外にはあまり考えることがなかったのでなるほど!でした。トピラマートの尿管結石…処方されている人は要注意です。

 

続きを読む

一酸化炭素中毒 ACEP Clinical Policy 2017

ACEP(米国救急医学会)が提唱するClinical Policyを紹介します!

 

f:id:AppleQQ:20190317192544p:plain

(Ann Emerg Med. 2017 Jan;69(1):98-107.e6.)

 

やっぱり、HBOはやれる環境ならやっといた方がよいのでしょう。。。

続きを読む