りんごの街の救急医

青森県弘前市の救急科専門医による日々の学習のまとめブログです!間違いなどありましたら是非ご指摘下さい。

腐食性物質誤飲(N Engl J Med. 2020 Apr 30;382(18):1739-1748.)

caustic substances(腐食性物質)のreviewです。 腐食性物質は、触れた組織と直接的に化学反応を起こして組織を傷害します。 乾燥剤/発泡剤/原形質毒物など、酸性またはアルカリ性の物質を指しますが、 家庭にもあふれている物質であり誤飲の報告は増えてい…

肺塞栓(BMJ. 2020;370:m2177.)

BMJより肺塞栓症のレビューが出ましたので紹介します! killer chest painですが、意外と診断が難しいことがあります。 これを機に、診断~治療までおさらいしましょう。 Duffett L, Castellucci LA, Forgie MA. Pulmonary embolism: update on management a…

風邪の咳にはハチミツ(BMJ Evid Based Med. 2020 Aug 18;bmjebm-2020-111336.)

風邪(上気道炎:URI)につける薬は今のところありません! 特に小児の分野では、URIの際にハチミツを投与することで咳の頻度や重症度を軽減できるという研究が出ていました。 ハチミツすげ~!!! 今回、URIに対するハチミツの効果を全年齢において検討し…

気管切開関連合併症(Tracheostomy-related complications)

あまり多くはありませんが、時々大惨事になることがあります。 気管切開の合併症とその対応方法についてまとめました。 ERで困らないように勉強しておきましょう。 特にEMERGENT LIFE-THLEATENING COMPLICATIONSは重要です。 Bontempo LJ, Manning SL. Trach…

重症喘息発作への対応(Am J Emerg Med. 2020;S0735-6757(20)30171-6.)

気管挿管を要するような喘息発作にはめったに遭遇しませんが、 それなりに重症な患者には遭遇します。 重症患者に対峙したときにどれだけ手持ちの武器があるかで戦い方が変わります。 今回は重症喘息発作への対応について学びます。 SABA吸入、ステロイド投…

コーヒーとカフェインと健康問題(N Engl J Med. 2020;383(4):369-378.)

仕事中に摂取する水分の大半はコーヒーで満たされている今日この頃。 体液量の半分以上はコーヒー成分な気がします。 あんまりコーヒー飲みすぎて大丈夫なのか心配になっていましたが、 ちょうどよいタイトルの論文があったので読んでみました。 …うん、コー…

脳梗塞のreview(N Engl J Med. 2020;383(3):252-260.)

目まぐるしく変わる脳梗塞治療ですが、NEJMにreviewがありました! 非専門医にとって、治療法をまとめてくれるのはとてもありがたいです。 特に、Figure 2はエッセンスが凝縮されているため必見です! Powers WJ. Acute Ischemic Stroke. N Engl J Med. 2020…

消化管出血にトラネキサム酸は有効か?(HALT-IT)

本ブログでも紹介していましたが、 消化管出血に対するトラネキサム酸(TXA)の効果を検証する研究がついに出ました! HALT-IT trialという名称の研究です。 しばしば消化管出血に対してもTXA投与をしていましたが、、、なんと… 消化管出血に対するTXAの効果…

神経性食思不振症(Anorexia nervosa)

NEJMからのreviewです。 最近職を失って引きこもって病状が悪化してしまう人や、 過剰に太る人や逆に過剰に痩せてしまう人の受診が増えたように思います。 神経性食思不振症についてまとめてみました。 Mitchell JE, Peterson CB. Anorexia Nervosa. N Engl …

脳梗塞に対する血管内治療の際にalteplaseは併用するべきか否か?(N Engl J Med. 2020 May 21;382(21):1981-1993.)DIRECT-MT

血栓回収療法は、前方循環系のlarge-vessel occlusion(LVO)による脳梗塞の標準治療となっています。 AHA/ASAによるガイドライン2019年度版における血栓回収療法の推奨(抜粋)は以下です。 ・Mechanical Thrombectomyが考慮されている患者であってもIV altep…