りんごの街の救急医

青森県弘前市の救急科専門医による日々の学習のまとめブログです!間違いなどありましたら是非ご指摘下さい。

授乳婦に対してこの薬剤はOK?画像は?感染症にかかったら母乳禁止?ERで困ること3つ

意外と困ることが多い話題。 あの薬は良かったっけ?としばしば疑問に感じることがあります。 実際、あまり授乳に関しての教育は受けた覚えがありません。 そんなときには当サイトで紹介する方法で調べれば、自信をもって簡単に答えにたどりつけます。 また…

指輪が抜けない!切断以外に方法はある⁉

たびたびやってくる指輪が抜けなくなる人。 太ってしまってその結果…なんてこともあるし、 心不全などで浮腫が強くなったり、 虫刺症で炎症が強くて抜けなくなることもあります。 大事であろう指輪を切らずに抜くことができればそれに越したことはありません…

泣き止まないこども colicだけで大丈夫?

夜間救急外来で勤務していると、重症患者に紛れて 「子供がどうしてもなきやみません」という主訴でご両親が小さな子供を抱きかかえて受診されることがあります。 忙しいと、「ハイハイ、colicでしょ」と帰宅させがちですがとんでもない! 怖い病気がいっぱ…

高カリウム血症のGI療法 低血糖を起こさずに安全に行う方法

高カリウム血症に対するGI療法はERや病棟においてよく行われる治療法です。 投与方法としてはグルコース25g+インスリン10単位が標準的治療として教科書には載っていますが、これって結構低血糖を起こしますよね。 文献的には最大75%の症例で低血糖を起こす…

消化管出血 上部消化管出血を中心に

上部消化管出血は下部に比較して死亡率が3倍ほどで、結構怖い疾患です。 先日、胃静脈瘤破裂に遭遇しましたがなかなかタフな戦いでした…。 今回は上部消化管出血についてまとめてみます! ※以下を参考にしました。 (Emerg Med Clin North Am. 2016 May;34(2)…

ERでの気管挿管 最新のreviewを基に解説!

更新が滞っていました(-_-;) 今回はERでしばしば遭遇するけどなかなか難しい手技、 気管挿管についてreviewしたいと思います。 これを読めば、現時点で最新の気管挿管についての知識的な部分は全部わかるはず! Acute Med Surg 2019 "Advancing emergency ai…

関節リウマチの合併症 メトトレキサート内服中

関節リウマチは合併症が多くてほんと難しいっ!!! 敗血症性ショックを疑う状況で、骨髄抑制も起きている…。 しかも内服薬見るとあまり自分では使用したことがない薬が並んでいる…。 メトトレキサートってヤバいって聞いたけど、実際どうすりゃいいのか…。 …

薬物大量内服した患者が徐脈になった!?

薬物中毒に関する症例報告がありました。 48歳男性、 ACE-I、サイアザイド系利尿薬、アルコールを大量に摂取して意識障害。 なんかわからんけど、血圧低下と徐脈になってしまったー! さあ、どうしますか? ※Am J Emerg Med. 2019 Jun;37(6):1217.e1-1217.e2.…

ODS 浸透圧性脱髄症候群

ちょっと前まで橋中心髄鞘崩壊症(CPM)と呼ばれていたアレです。 これまであまり出会うことがありませんでしたが、最近エンカウントしたので 主にUpToDateからまとめてみました!

造影剤投与時の注意点 American College of Radiology Manual on Contrast Mediaより 前投薬、血管外漏出した場合の対応

造影剤投与時の注意点について②です。 アレルギー対応で前投薬は意味あるのか?やるならどのように投与するか? 細い血管に頑張ってルート確保したけど血管外漏出してしまったらどうする? これらの疑問について前回と同様ACRのmanual on contrast mediaでど…

造影剤投与時の注意点 American College of Radiology Manual on Contrast Mediaより アレルギー、メトホルミン

急性腹症を疑う患者さんで造影CTを撮りたい! でも、甲状腺機能亢進症や気管支喘息の既往があったらどうするか…? メトホルミン飲んでたら絶対造影CTはだめなのか…? などなど気になることはたくさんあります。 American College of RadiologyのManual on Co…

心停止後にすぐにCAGに走るか否か? COACT trial

院外心停止患者の蘇生後、まず最初になにをやりますか? AHAガイドラインではSTEMIの場合には緊急CAGを行うことが推奨されています。 これにより、生存退院率や神経学的予後の改善につながるとされています。 では、STEMIを認めなかった場合には緊急CAGはや…

妊婦の心血管系エマージェンシー 肺塞栓、大動脈解離、心筋梗塞、周産期心筋症②

妊婦の心血管系エマージェンシーの2回目です。 今回は大動脈解離、心筋梗塞、周産期心筋症を扱います。 (Emerg Med Clin North Am. 2019 May;37(2):339-350.)

妊婦の心血管系エマージェンシー 肺塞栓、大動脈解離、心筋梗塞、周産期心筋症①

妊娠って実は心血管系疾患のリスクになります。 高齢出産も普通ですし、そもそも身体的変化が心血管系には負担になるようです。 非妊婦の肺塞栓、大動脈解離、心筋梗塞なんてよく出会う疾患御三家ですが、 妊婦ではそうそうお目にかかれません。 ただ、お目…

造影剤関連急性腎障害(Contrast-Associated Acute Kidney Injury(CA-AKI))ってどうなの?

造影CTを撮りたい! でも、腎機能が分かってからじゃないとだめと上級医に言われているし…。病院によっては放射線科から禁止されていることもあるかもしれません。 でも、実際のところそれってどうなんでしょ? ほんとに腎機能を悪化させるんでしょうか? 結…

脳梗塞急性期治療に関するガイドライン 静注血栓溶解療法適正治療指針 第三版

急性期の脳梗塞が来たときに、tPAや血管内治療の適応がぱっと思いつかないようだと初動が遅れてしまいます。1時間対応が遅れる毎に神経学的予後が20%低下するなんて話も聞きます。そう、Time is brainなんです! 病棟で心房細動既往がある患者さんが左片麻…

下部消化管出血 ガイドライン

下部消化管出血のマネジメントに関するガイドラインが発表されていたので、今更ながら読んでみました! これまでとあまりマネジメントは変わらないかな~と思いますが、 Oakland scoreとか紹介されていてへぇ~という感じでした。 ( Gut. 2019 May;68(5):77…

シカトしがちな血液検査データ

RDW、MPV、NRBCって気にしていますか? 救急の現場で気にしたことは一度もありませんでした…。 調べてみると、鑑別のほかに予後判定にも使える可能性もあるようです。 鑑別/予後判定の2つの側面から見てみようと思います! (Cleve Clin J Med. 2019 Mar;86(…

関節リウマチの合併症 まとめ

関節リウマチに合併する疾患多すぎます! 症状別にまとめておくことにしました! ・RAに以下の症状が出た場合にはヤバい! +頸部痛、めまい、脊髄症状→環軸椎亜脱臼 +嗄声、stridor、咽頭異物感→輪状披裂関節炎、気管軟化症 +胸痛→心筋梗塞(RA死因で最多…

関節リウマチの合併症②

前回に引き続き、リウマチ合併症についてreviewです。 (J Emerg Med. 2018 Nov;55(5):647-658.)

関節リウマチの合併症①

関節リウマチ患者、当院では増えてきています。 そもそもの有病者数がそれなりに多いのと、当院にはリウマチ専門医もいるからでしょう。 治療については実際に携わることはありませんが、関節リウマチ治療中の患者が急性疾患を合併してERを受診することはよ…

Clostridioides (Clostridium) difficile 腸炎

抗菌薬を無駄に出されている高齢者は、この弘前地域でもとても多い印象です。 抗菌薬による弊害として困るものの一つとしてCD腸炎があります。 救急分野では死ぬ病気として有名です。 えっ、そんなことになっちゃうの⁉と思った人は読んでみてください! 自験…

繰り返す溶連菌による咽頭炎

先日、以下のような若い女性が当科を来院されました。 「ひと月のうちに溶連菌(GAS)に2回感染して治療しました。今日も同じ症状なんですけど、溶連菌検査してもらえませんか?たぶん溶連菌です。」 患者の求めに応じて溶連菌迅速検査を実施すると、予想通…

けいれん

けいれんについてERの現場で考えておくべきことをまとめてみます! 今回はこちらの論文です! ( Semin Neurol. 2019 Feb;39(1):73-81.) ERの教科書的なことがまとまっていてわかりやすかったです。 いちばんびっくりしたことは、「痙攣重積発作における13k…

一酸化炭素中毒 ACEP Clinical Policy 2017

ACEP(米国救急医学会)が提唱するClinical Policyを紹介します! (Ann Emerg Med. 2017 Jan;69(1):98-107.e6.) やっぱり、HBOはやれる環境ならやっといた方がよいのでしょう。。。

一酸化炭素中毒

今年ももう冬が終わり、春が来そうな弘前市です。 例年に比較して当院を受診した一酸化炭素中毒患者は少なかったように思います。 それなりに重症な人はいましたが…見逃しているだけかも…? 車の中で寝てしまってそのまま雪が積もってマフラーを塞いでしまっ…

動物咬傷 まとめとピットフォール

動物咬傷も最終回になりました。 今回ははじめに提示した症例をどう対応するか考えてみましょう。 そして、ピットフォールについてまとめておきましょう!

動物咬傷③ マネジメント

動物咬傷reviewも後半戦です! (Trauma Reports 2018;19(3):1-12.) (Emerg Med Pract. 2016 Apr;18(4):1-20.) 医師によってだいぶマネジメントは差異がある部分だと思います。 大原則をここで押さえましょう!!!

動物咬傷② 病歴聴取、身体所見、検査など

前回に引き続き、動物咬傷のreviewです! 今回はmanagementに必要な病歴聴取、身体所見、検査についてです。 以下の文献からまとめています。 (Trauma Reports 2018;19(3):1-12.) (Emerg Med Pract. 2016 Apr;18(4):1-20.)

動物咬傷① 疫学、原因微生物など

救急外来では創処置、特に動物咬傷がらみはたくさん診療の機会があると思います! でも、対応については意外と整然としたものがなくて医師によって異なったりして実際のところどうなんだろうと悩むことも多々あると思います。 これを機に動物咬傷マスターに…